校長挨拶


宜野湾市立宜野湾中学校

 校長挨拶を開いて頂いた、生徒・保護者・地域・関係者の皆様、宜野湾中学校ホームページに
アクセスして頂きありがとうございます。
 
 宜野湾中学校2年目となりました校長の原田利明(はらだ としあき)です。
 赴任した昨年度を振り返ると、落ち着いた雰囲気の中、子ども達が礼儀正しく、また、自主的に活動する、すてきな学校だなと感じました。特に、次の3点について、宜野湾中学校の良さと捉えました。
  1 学校全体の活動とつながっている生徒会活動
  2 みんなでルールを守ったり、協力することができる、素晴らしい集団の力
  3 誰とでも、活発な意見交換ができ、共に学ぼうとする授業態度
 今年度も、この良さを伸ばしつつ、協力し、教え合いながら、お互いに伸びていく、そんな校風を作りたいと思います。
 
 さて、中学校は大人になるための準備をするところです。大人になった子ども達を取り巻く社会は多様化・複雑化し、予測できない未来になっているといわれており、そのような未来を、子ども達が生き抜いていける「生きる力」の育成が重要視されています。
 そこで、本校では昨年度から、「一人一人の社会的自立に向け、必要な基盤となる資質・能力や態度」を育てることが大切だと考え、「社会人になった時に必要な生きる力」として、次のような力の育成に取り組んでいます。
  1 自ら考え判断し、行動できる力
  2 人の気持ちを理解し、お互いに支え合える力
  3 自ら運動に親しみ、健康・体力の向上を図る力
  4 生徒会活動や地域行事に積極的に参加し,社会に貢献する力
 今年度も生徒の皆さんには、少し努力すれば達成できる自分の目標をクリアしながら、「努力すれば、必ずできる」という自分を信じる心を持って、あきらめずに努力し、成長していって欲しいと思います。
 私たち教職員も皆様の期待に応えられるよう全力を尽くして取り組んで参ります。
 また、学校・家庭・地域が連携してこそ、将来を担う人材育成ができると思っております。特に、学校と保護者が同じ方向で子ども達に関わって行くことが最も大切だと考えます。保護者の皆様には、コロナ禍ではありますが、可能な限り、学校に足を運んでいただき、授業を参観したり、お子さんの学校生活の様子について気軽に先生方に声をかけて頂きたいと思います。
 結びに、地域の学校としての役割をしっかりと果していきたいと考えております。これからも宜野湾中学校の教育活動に対し、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 
                                    令和3年4月吉日     
                                   宜野湾市立宜野湾中学校  
                                    校 長 原 田 利 明    
  

サイト内検索

学校周辺の地図